ボルタレンと変形性関節症

ボルタレンの
効果的な使い方

関節の痛みの原因で最も多いのが、変形性関節症です。ここでは、変形性関節症の痛みに対するボルタレンの効果について、ご紹介します。

変形性関節症とは?

変形性関節症は、最も多いタイプの関節炎で、最終的には関節の変形をきたす疾患です。年齢が高くなると発症しやすくなり、主に、ひざや股関節、指、腰に痛みがでます。程度は人によって様々で、症状が軽い人もいれば、日々の生活も困難なほど痛みが強い人もいます。

原因

変形性関節症は、関節がすり減るなどの原因で生じます。関節には日々負担がかかっていますが、通常は特に症状を感じることもなく回復します。しかし変形性関節症があると、日々の負荷による関節へのダメージから回復するのが困難になります。そのため、関節がスムーズに動くための保護的役割をもつ軟骨がすり減り、硬い突起のようなものができてしまいます。これによって炎症を生じてしまうのです。変形性関節症でみられる主な症状は、関節の痛み、腫れ、こわばりです。
 

食事をする白髪の女性

ご存知ですか?

WHOによると、変形性関節症は、先進国における10大身体障害性疾患の一つです。*

リスク要因

なぜ変形性関節症になるのでしょうか。発症のリスクを高める要因について、以下に示します。

  • 年齢:45歳以上は発症の確率が高くなります
  • 体重:肥満になると関節に余計な負荷がかかります。特に、体重を支える股関節や膝に負担がかかります。体重が重くなればなるほどリスクは高くなります 
  • 関節の外傷:関節を負傷したり手術を受けたりしてダメージを受けた経験がある場合は、リスクが高くなります。特に、完治しないうちに関節を
    酷使した場合は要注意です
身体に痛みを覚えた経験がある人々のうち、65%の人が、少なくとも週に1回、身体に痛みを感じています。*(n=7,050)

ボルタレンの効果

ボルタレンシリーズは、ジクロフェナクナトリウムを有効成分として配合する非ステロイド性消炎鎮痛剤です。ジクロフェナクナトリウムは、痛みや炎症を起こす物質であるプロスタグランジンの生成を抑制することで痛みを緩和し、炎症を鎮めます。痛みはその種類と程度に応じて適切な医薬品で対処することが勧められます。自己判断で無理をしたり、放置したりすると、症状が悪化して、回復までの時間が長引いたりする場合もあります。ボルタレン・シリーズでは、テープ、ゲル、ローション、スプレーの4つのタイプがご使用いただけます。あなたの痛みの部位や程度、生活シーンに応じて、ぜひご自分にあったものをお選びください。

         **GSK Global Pain Index Research 2014

詳しく見る

ボルタレンはどのようにして痛みをとるのでしょうか?

ボルタレンは、素早く浸透し、炎症を鎮め、痛みを和らげます。ここでは、ボルタレンが痛みをとる仕組みについて、ご紹介します。

詳細はこちら

部位別の痛み
原因と対処法

あなたの痛み和らげるには?

詳細はこちら

変形性関節症について

最も一般的な関節炎が変形性関節症です。 その原因と痛みの緩和法について、ご紹介します。

*GSK Global Pain Index Research 2014, report, p.8

詳細はこちら
身体に痛みをかかえる人々のうち、55歳以上の44%が、毎日痛みを経験していると報告されています。*(n=7,050) 身体に痛みをかかえる人々のうち、55歳以上の44%が、毎日痛みを経験していると報告されています。*(n=7,050)