お医者さんに
聞いてみよう

井尻整形外科院長 井尻慎一郎先生
医学博士
1982年大阪医科大学卒業。大阪医科大学一般消化器外科を経て、京都大学医学部整形外科入局。以後、神戸市立医療センター中央市民病院などに勤務。2000年神戸市にて井尻整形外科を開業。現在に至る。
著書、監修書多数出版。代表作に「筋肉のからくりTJMOOK」(宝島社)「痛いところから分かる骨•関節・神経の逆引診断事典」(創元社)などがある。多くの患者さんの診療に基づく豊富な経験と深い知識をもとに、「良質な医療の提供」をモットーに日々の診療に努めている。

ひどい肩こりや腰痛、打ち身や筋肉痛への対処などに、手軽に使えて便利な湿布薬や塗り薬。そんな身近な存在でありながら、正しい使い方や自分の症状に合った薬剤の選び方などについて、改めて教わる機会は少ないもの。
ここでは、痛みの治療やケアに精通し、患者さんの多種多様な悩みを解決しておられる整形外科専門医、井尻慎一郎先生に、皆さんから寄せられた‘‘素朴な疑問’'にお答えいただきながら、正しい使い方のヒントをご紹介します。

Q1

腰痛がひどいです。ベッドから起き上がるのもつらいような、強い痛みがあります。
外用消炎鎮痛剤にはいろんな成分があるようですが、私にはどのような成分が合いますか?
(40代男性)

A.鎮痛作用にすぐれた第二世代の成分がおすすめです

詳細はこちら

Q2

つらい肩こりに悩まされています。湿布で対処していますが、襟元からはみ出て目立つので、
外出時に使うのはためらってしまいます・・・私に合うものはありますか?
(30代女性)

A.痛みのある場所や、
使用するシーンなどで使い分けると便利です

詳細はこちら

Q3

ジョギングやフィットネスが趣味だったのですが、最近はひざ関節が痛くて、動くのもおっくうです。
きちんと対処すれば、また以前のように趣味を目いっぱい楽しめるようになりますか?
(60代女性)

A.まずは痛みを抑えてから、
適度な運動で筋力をつけましょう

詳細はこちら