関節の痛みについて

関節の痛みは、膝や足首、股関節、肩、指、手首といった、身体の様々な部位でおこります。関節の痛みの原因と、痛みを楽にする方法についてご紹介します。

部位別の痛み 原因と対処法

関節痛の症状について

よく痛みが現れるのは、ひざの関節、指の関節、股関節、足首の関節、肩の関節です。

関節に炎症が起きると、水がたまり、腫れることがあります。

01

しびれる、ずきっとする痛みがある、関節がこわばる、関節が動きにくくなるといった症状が現れます。

02

変形性関節症の場合、関節を守る滑膜(かつまく)がダメージを受け、関節が腫れてこわばり、痛みが出ます。

03

関節の痛み
があると、
どうなるの
でしょうか?

とこが痛いかによって、その影響もさまざまです。膝の関節が痛いと、散歩や、スポーツ、ダンスが楽しめなくなります。肩の関節が痛いと、楽に物を持ちあげることが出来なくなります。股関節であれば、階段を登るとき、または椅子から立ち上がるだけでも、痛みで辛い思いをします。

部位別の痛み 原因と対処法

身体の痛みを覚えたことのある人々のうち48%の人が関節の痛みを訴えています。* (n=7,050)

世界14カ国で調査に参加された人々のうち、66%の人は、旅行等出かけることを痛みが妨げたと回答しています。*(n=7,079)

*GSK Global Pain Index Research 2014

関節が痛む原因は?

関節には、日々の動きの中で常に負荷がかかっています。とくに膝の関節は全体重からくる衝撃を吸収しており、走ったり跳ねたりすると、その衝撃はさらに大きくなります。

杖をついた人のアイコン

関節痛を起こしやすい人
とは?

高齢者や、体重の重い人、過度の運動を行う人は、ひざ関節を痛めるリスクが高いと言えます。

膝の骨のアイコン

関節痛の一般的な原因

関節の痛みの原因は、だいたいが負傷によるものです(例:スポーツで膝や足首をひねる)。または、変形性関節症によるもので、その場合、しばしば膝や股関節、手や指の関節に痛みが出ます。

さまざまな関節の痛み

変形性関節症が起こりやすい部位です

製品ラインナップ

この痛みには、このボルタレン!

ボルタレンシリーズにはそれぞれ得意とする痛みの部位があります。ご自身の痛みにあったボルタレンを選びましょう。

詳細はこちら

製品ラインナップ。この痛みにはボルタレン!ボルタレン・シリーズにはそれぞれ得意とする痛みの部位があります。ご自身の痛みにあったボルタレンを選びましょう。

詳しく見る

炎症とは?

炎症はなぜ起こるのでしょうか。炎症を起こすと、どうなるのでしょうか。ここでは、炎症の原因と症状についてご紹介します。

詳細はこちら

ボルタレンの
効果的な使い方

関節の痛みの原因で最も多いのが、変形性関節症です。ここでは、変形性関節症の痛みに対するボルタレンの効果について、ご紹介します。

詳細はこちら

鎮痛剤、
痛みをとる医薬品について

どの鎮痛剤がご自身の痛みに合っているのでしょうか。鎮痛剤それぞれの効果と特徴について、ご紹介します。

*GSK Global Pain Index Research 2014 Report. Available: www.global-pain-index.com.

詳細はこちら
痛みの経験はあっても鎮痛剤を使ったことがない人々のうち、40%の人は、どの鎮痛剤が自分の症状にあっているのか分からない、と答えています。*(n=989)
痛みの経験はあっても鎮痛剤を使ったことがない人々のうち、40%の人は、どの鎮痛剤が自分の症状にあっているのか分からない、と答えています。*(n=989)