身体について理解する

運動と身体

運動を続けると、なぜ健康になり、痛みが和らぐのでしょうか。ここでは、運動の利点について、ご紹介します。

運動が身体にいい理由

ときには、運動の継続がつらいと感じることもあります。しかし、もうひと頑張りして身体を動かすと、大きなメリットとなって自分に返ってきます。18歳から65歳の人は、最低でも1日30分の運動を週に5日行うよう推奨されています。目に見える効果を期待するには、この倍の量が必要です。運動の時間を増やせば、増やした分だけ効果を実感できるでしょう。

心臓病のリスクを減らし、健康を増進するには、適度な運動が必要です。身体が温まり、心拍数と呼吸回数が上がるまで身体を動かすと効果的です。

運動は、身体だけではなく、精神面にも良い効果をもたらします。身体を動かすと自己肯定感が増して気分が安定し、良質な睡眠がとれるようになって活力がわきます。それだけではなく、運動は、ストレスや憂鬱感を軽減します。運動をすることによって骨や筋肉が強化され、仕事、買い物、子供や孫の相手など、毎日の生活を健やかに送ることができるようになります。

最も多いけがの原因は、転倒と転落です。特に、高齢になると転倒転落が多くなります。しかし、毎週、早歩きなどの適度な有酸素運動をおこなうことで、バランスを保つ力と筋力が鍛えられ、転倒転落のリスクを減らすことができます。

ジョギングする男性

ご存知ですか?

成人は、さらに、1週間に2日以上、腕や脚などの主動作筋を使った運動を取り入れる必要があります。*

運動と変形性関節症

変形性関節症(関節炎のなかでも最も多いタイプ)で悩む人にとって、運動は極めて重要です。運動によって、関節の力と柔軟性を高め、痛みを和らげることができます。さらに、疲労しにくい関節を手に入れることができます。身体を動かして体重が落ちると、変形性関節症のリスクそのものを減らすことができます。痛みがある状態で運動することは、気がすすまないかもしれません。しかし、適度な運動は、痛みを楽にするだけでなく、健康的な体重の維持管理にも役立ちます。

運動を始める前に

新たに運動を始める前に、どのような運動が自分に合っているか、医師や、理学療法士などと話し合ってみてください。そうすることで、最も適切な運動がどのようなものかが分かるはずです。

高所得国では、男性の26%、女性の35%が運動不足と感じています。

関節の症状はもちろん、生活環境も人によって異なります。そのため、その人に適切な運動を考えることが必要です。例えば、毎日パソコンの前に長時間座る人で、首や腰に痛みがある場合は、ストレッチ動作をその運動プログラムに取り入れるとよいでしょう。硬くこわばった筋肉を伸ばすことで、動きがよくなることを実感できるはずです。歩いたり走ったりする時に関節の痛みを感じる人は、水泳やヨガ等を取り入れるのも一案です。

体の状態に見合った無理のない運動を、日常生活に取り入れて習慣化できれば、心身両面によい影響がもたらされるでしょう。

*WHO | Physical activity. 2016. WHO | Physical activity. [ONLINE] Available at: http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs385/en/. [Accessed 20 April 2016]

詳しく見る

腰と背中の痛みを 楽にする、 今日からできること

腰と背中の痛みを楽にするには、身体を動かすのが一番です。ここでは、活動的な日々をおくるのに役立つヒントをご紹介します。

詳細はこちら

部位別の痛み
原因と対処法

あなたの痛み和らげるには?

詳細はこちら

加齢にともなう身体の変化

年齢を重ねると身体はどのように変化していくのでしょうか。ここでは、身体のしくみと、加齢による痛みへの対処法をご紹介します。

*GSK Global Pain Index Research 2014 Report. Available: www.global-pain-index.com.

詳細はこちら
身体に痛みをかかえる人々の53%は自身の痛みを「鈍い痛み」と表現します。*(n=7,050) 身体に痛みをかかえる人々の53%は自身の痛みを「鈍い痛み」と表現します。*(n=7,050)