痛みに詳しくなる

痛みとは?

なぜ、身体が痛くなるのでしょうか。その理由は多種多様です。ここでは、痛みの原因についてご紹介します。

痛みの定義

痛みは不快な感覚です。日頃おこなっていることが出来なくなり毎日の生活に支障がでます。痛みは一般に、身体で何か不都合なことが起きていることを知らせるために現れます。国際疼痛学会(IASP)では、痛みとは、「組織の実質的あるいは潜在的な障害に伴う,あるいは,そのような障害を表す言葉で表現される不快な感覚あるいは情動体験」と定義されています。

痛みの程度は、軽微なものから、我慢できるが不快なもの、さらに耐えられないものまで様々です。短期間出現する急性の痛みもあれば、長く続く慢性的な痛みもあります。急性の痛みは身体の防御反応であり、身体にダメージを与えるか、ダメージを与える可能性のあるもの・状況を避けるように、と伝える注意信号です。同時に、回復を手助けする役割も果たしているといえるでしょう。

身体の痛みは、たびたび発生し、時に私たちの日常生活に大きく影響を及ぼします。痛みを放置する、または不適切な手当をすると、回復まで時間がかかってしまうことがあります。その場合は、必ず医師に相談してください。「痛みの種類」のページでは、痛みのタイプについて、詳しくご紹介しています。

公園でボールを蹴る男の子と男性

ご存知ですか?

痛みは身体の問題だけでは済みません。世界で、身体に痛みを覚えた人々のうち、67%の人が、痛みのために生活の質が落ちたと感じています。*
(n=7,050)

なぜ、痛みが現れるのでしょう?

痛みがあると辛い思いをします。痛みをとるのに随分長い期間がかかる人もいます。しかし、私たちが痛みを感じることが出来なければ、怪我を何度も繰り返す可能性があります。または一生回復できないダメージを負ってしまうこともあります。痛みは、わたしたちに身体がダメージを受けていることを知らせるための防衛反応です。つまり、痛みは私たちの身体を守っているのです。

痛みは、大変複雑な神経システムによってコントロールされています。熱いフライパンに触るといったような、外部からの刺激を神経の受容器が受け取り、その刺激が脊椎神経を通り、大脳に伝わることで「痛み」と認識されます。これらの受容器は、暑さ、寒さ、光、質感、圧力、そして痛みを感じます。さらに痛みは、吐き気や、めまい、衰弱といった他の症状を引き起こすこともあります。

痛みがあると、動いてはいけないと思っている人がいます。安静にすることで回復が早まると信じている人は少なくありません。しかし、実際は、適度に身体を動かした方が、早く痛みがとれる場合もあります。

痛み(疼痛)に応じた手当てをする

痛みは、さらなるダメージから身体を守るよう、私たちに注意を促してくれています。しかし、痛みが生じると、日々の動作が難しくなりますし、リハビリも面倒になります。さらに深刻なケースでは、生活のスタイルを変えざるを得なくなり、仕事や人間関係にも影響が出ます。自立した生活が出来なくなることもあります。痛みは、常に主観的で個人的なものであり、人によって様々な形をとります。

世界14か国、7000人以上の人々(18歳以上)に調査した結果、88%の人が何らかの体の痛みを経験していることが分かりました。*(n=7,050)

急性疼痛は突然おこります。これは身体が何らかのダメージを受けているサインです。ダメージのある部分が回復すると痛みはなくなります。慢性疼痛の場合は痛みが長引きます。治療を施してもなかなか治らない場合もあります。急性疼痛と異なり、慢性疼痛は、長引く病気や機能障害に起因する傾向にあります。もし、ご自身の痛みが慢性疼痛かもしれないと思ったら、医師の診察をうけるようにしてください。

痛みの治療は多岐にわたります。個人個人でその原因が異なるからです。
内服や外用の鎮痛剤などの痛み止めが手元にない場合、なぜ痛みがおこるのかという知識があれば、急場をしのぐことができるかもしれません。痛みをコントロールするためには、痛みについて知ることが重要です。そして、“これはおかしい”と思ったら、薬剤師や医師に相談してください。

*GSK Global Pain Index Research 2014, report, p. 9

詳しく見る

ボルタレンはどのようにして痛みをとるのでしょうか?

ボルタレンは、素早く浸透し、炎症を鎮め、痛みを和らげます。ここでは、ボルタレンが痛みをとる仕組みについて、ご紹介します。

詳細はこちら

部位別の痛み
原因と対処法

あなたの痛み和らげるには?

詳細はこちら

様々な痛みの特
徴を知る

痛みには様々なタイプがあります。
痛みの原因と特徴について、
詳しくご紹介します。

*GSK Global Pain Index Research 2014, report, p.8より出典。

詳細はこちら
身体に痛みを覚えた経験がある人々のうち、65%の人が、少なくとも週に1回、身体に痛みを感じています。*(n=7,050)
身体に痛みを覚えた経験がある人々のうち、65%の人が、少なくとも週に1回、身体に痛みを感じています。*(n=7,050)